So-net無料ブログ作成

清原和博 現在の仕事がひどい [野球]

清原和博 現在 仕事


1.jpg



元プロ野球選手の清原和博さん(45)
の現在の仕事について調べてみました。


清原和博さんといえば昨日、
妻でモデルの清原亜希さん(45)
との離婚を発表されましたよね。


現在は仕事もプライベートも
どん底のようです・・・



3.jpg
http://www.akb48matomemory.com/lite/article/100916



清原さんは少し前では
「とんねるずのみなさんのおかげでした」
の男気ジャンケンに出ていましたが、

最近ではまったくテレビで
見かけなくなりました。


清原さんなら野球関係の
お仕事があるのでは!?

と思ったのですが、
どうもマズいことになっているようです。

というのも
引退してしばらくは野球の解説や実況
のお仕事をしていたのですが、

清原さんが体調不良を理由に
ドタキャンすることが多かったことと、


薬物関係の黒い噂が出たため、

どのテレビ局にも呼ばれなく
なったそうなのです。


2.jpg
http://girlschannel.net/topics/201189/



現在の目立ったお仕事と言えば
もっぱら地方のパチンコ屋での
トークショーです。


パチンコ屋によく行く方なら
分かると思うのでですが、

パチンコ屋に営業にくる芸能人は
なんと言うか・・・


まあ多忙な芸能人はまずこない
ですよね。


清原さんは
「何でもええから現金が手に入る
仕事があったら、紹介してや・・・・」

と周りに漏らしているようで、
かなり仕事に困っているようです。


4.jpg
http://blog.livedoor.jp/tangomin/archives/12875789



しかし清原さんは現役時代には
毎年億単位の収入があったはずですし、
お金に困る事はないのでは?

と思いますが、
清原さんはお金遣いが豪快すぎる
ことも有名で、

頻繁に飲みにいっては
数十万、数百万というお金を
遣っていたそうなので、


今お金に困っていても不思議では
ありませんね。


離婚されるとなると慰謝料や
二人のお子さんの養育費など
もありますし、

色々と大変そうです。


今後清原さんはどうなってしまう
のか、注目していきたいと思います


以上、
清原和博 現在の仕事がひどい
でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

稲葉篤紀 あざの原因は? [野球]



稲葉篤紀選手の頬にあるあざの原因は?


6.jpg
http://www.sponichi.co.jp/olympic/2008beijing/meik



日本ハムの稲葉篤紀選手(42)の頬にある
あざについて、気になったので調べてみました。


頬の黒いあざは肥満の方によくみられます。
これは顔面毛包性紅斑黒皮症と言って、芸能人で言うと
安田大サーカスのHIROさんもそうですね。


しかし稲葉選手のあざはそれとは違って、
病名は太田母斑という、
目の周りを中心に、頬やおでこにできるものです。

通常は稲葉選手の様に顔の片方にできますが、
両方できるケースもあるみたいです。

太田母斑は生まれつきある場合と、
幼少期にできてだんだんあざが大きくなる場合があります。


治療法ですが、近年ではレーザー治療の技術が進歩して、
太田母斑も簡単に治すことができるみたいです。

ではなぜ稲葉選手は治療をしないのでしょうか?

それは

「病気である自分がメディアに出て活躍することで、
同じ様な病気で悩む人たちに勇気を与えたいから。」


とのことです。

稲葉選手かっこ良すぎるでしょう\(^o^)/






そんな稲葉選手、
きのう今シーズン限りでの引退を発表しました。


稲葉選手と言えば2004年にヤクルトから
フリーエージェント宣言したものの、
メジャーリーグからは声がかからず、
2005年2月に日本ハムに入団しました。

そして翌年にはチームの44年ぶりの
日本一に貢献。

2007年には首位打者も獲得しました。

着実に実績を積み重ね、
2012年には2000本安打も達成しましたね。


球界では原監督を始め、様々なところから
引退を惜しむ声が聞こえます。

まだシーズンは続いているので、
最後まで稲葉選手らしい全力プレーで、
ファンに勇気を与え続けて頂きたいですね(´∀`)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。