So-net無料ブログ作成
検索選択

昼顔 最終回 結末 感想(批判あり) [ドラマ]


昼顔 最終回 結末 感想について


ドラマ「昼顔」最終回の結末、
皆さんご覧になりましたか?

あらすじと
私なりの感想を書きます。

※批判もあります


1.jpg



まずは昼顔最終回のあらすじを
振り返ってみましょう。



ここからネタバレあらすじ


やはり乃里子(伊藤歩)
妊娠は嘘だった。

北野(斎藤工)は
貸別荘で待つ紗和(上戸彩
の元に戻る。

しかし、二人は俊介(鈴木浩介)
と乃里子に見つかって
引き離されてしまう。


加藤(北村一輝)は
バルセロナから帰国すると、

滝川(木下ほうか)に
自分の作品に盗作がある
ことを打ち明ける。

それを聞いた滝川は、
利佳子(吉瀬美智子)
と別れなければ
盗作であることを
公表する加藤を脅す。

滝川と利佳子の娘二人からも
「お母さんを返せ!泥棒!」
と物を投げつけられた加藤は
どんな選択をするのか・・・


一方、笹本家と北野家は
お互いの親も交えながら
話し合いをする。

乃里子と俊介は離婚する気は
ないと言う。

乃里子が出した条件は
紗和と北野の転職

さらに自分たちは引っ越して
偶然にも紗和と北野が
会わないようにすると言う。

それで慰謝料は相殺にしよう
と提案した。

しかし、もしまた
紗和と北野が会った場合
乃里子は紗和に毎月30万円の
慰謝料を請求すると言う。

北野は
「紗和は遊びだった。
一度も好きと言った事はない」

紗和は
「私も遊び。昼顔妻を演じて
みたかっただけ」

と言った。

二人はここで
終わってしまうのか・・・


そのころ加藤は
自ら盗作を公表して
アトリエに戻る。

アトリエを掃除しながら
加藤の帰りを待っていた
利佳子に、加藤は今すぐ
出て行けと言う。

加藤は画家も、利佳子も
全てを捨てる道を選んだ。

利佳子は別れる気はない
と言うが、
そこに智也が現れる。

利佳子を幸せにできない
加藤に対して激昂した智也は
加藤とケンカになり、

それによって加藤は右手の
神経を損傷し、
画家として活動できない
体になってしまう。

病院に運ばれた加藤は
ベッドに横たわりながら

「家に帰って母親に戻れ。
一人の女を不幸にしたと
思って生きたくない」

と利佳子言い、
そんな加藤に利佳子は
最後の嘘を付く

「あなたなんか遊びだったわよ」

病室を出た利佳子は
お見舞いに来ていた
紗和の胸に泣き崩れた。

紗和はそんな利佳子を見て
最後に自分の気持ちを伝えたい。

と北野の元に自転車を走らせる。


北野は教室で生徒達に
最後の挨拶をする。

しかしそこで本心が
言えなかった北野は、
放課後に放送室を占領して
こう言った。

「生物の教師として
最後に言います。

一人の生物として
産まれて来た以上
いつか誰かを本気で
愛して下さい。

誰かを本気で愛すれば
それだけで世界は
変わります。

先生として最後まで
君たちを見れなくて
ごめんなさい

さようなら」

北野に会いに来た紗和は
その放送を聞いて
泣き崩れた。


紗和は家に帰ると
全てを清算したいという
気持ちから家に火をつける。

俊介がすぐに消火し
大事には至らなかったが、
俊介は

「なんで一番近くにいる
人の気持ちがわからない
んだろうな」

と、紗和と離婚することを
決意する。


紗和は家を出て行く際、
利佳子と電話し、
利佳子は二度と紗和に
電話しないと言った。

紗和はアパートを借りて
一人で生きていく
ことを決意し、
最後にこんな言葉で
締めくくった。

「神様ごめんなさい。
私はまたあなたを
怒らせてしまうかも
しれません」


結果

紗和
北野と別れ、俊介とも離婚。
一人で生きていく。

利佳子
加藤と別れ、滝川の元に戻る。

北野と乃里子
お互いを許し元サヤ。
引っ越す。

利佳子と滝川
元サヤ。
普通の夫婦に戻る。

加藤
利佳子と別れ一人で生きていく。

美鈴
俊介に飽きてさよなら。


ここまでネタバレあらすじ




感想


まあ無難な終わり方でしたね。

やはり不倫をしても
成就しないという結末。

北野が乃里子を許して
いい感じに終わったこと、
滝川が悪者で終わらなかったこと
以外はほぼ予想通りでした。


もう少しスリリングな展開
を期待していましたが、
期待はずれでしたね。


しかし俊介の母の慶子役を
演じた高畑淳子さんの
演技力はさすがでしたね。

紗和との別れのときの

「あなたとのおしゃべり、
楽しかったわよ。
ああ、なんで私は最後に
甘い事を言って・・・」

という演技はかなり
リアルでした。


あとは俊介がかわいそう
でしたね。

最後までいい夫でありながら
結局、紗和とも美鈴とも
離れる結果となりました。


しかし紗和の最後のセリフ
からして、続編があることは
間違いなさそうです。

来年には映画が予定されている
という話もあります。

そちらに期待しましょう。

ノベライズ本が発売中    
  ↓
【1000円以上送料無料】昼顔 平日午後3時の恋人たち Another End/井上由美子/百瀬しのぶ










以上、
昼顔 最終回 結末 感想 批判
でした。



スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。